チリで今年1月1日に誕生した新生児が大きな話題になっている。

今回チリのアタカマにあるコピアポ病院が「今年初の赤ん坊が誕生した」として報告したツイートがサッカーファンの心を掴んだ。

「おめでとうございます。この2022根園にコピアポ病院で生まれた最初の赤ちゃんであるグリーズマン・エムバペを暖かくお迎えしたい。

今週の土曜日の午後9時9分に生まれて母テオドラに抱かれた彼は、体重3064グラムで身長は30cmだった」

ちなみに『T13』によれば、グリーズマン・エムバペの両親はボリビア出身だそうで、チリで4年間生活してきたという。

なぜこんな名前になったかといえば、両親ともにサッカーファンであったため、父親が「グリーズマン」、母親が「エムバペ」を選んでくっつけたからだそうだ。