絶対王者バイエルン・ミュンヘンが9連覇中のブンデスリーガ。

2位ドルトムントが3敗目を喫したことで、11節終了時点で首位バイエルンとの勝点差は4に開いた。

そうしたなか、バイエルンの重鎮である元CEOカール=ハインツ・ルンメニゲ氏の発言が話題になっている。『Bild』によれば、こう述べていたそう。

カール=ハインツ・ルンメニゲ(バイエルン元CEO)

「ドルトムントはまた負けた。

いま我々はチャンピオントロフィーをゆっくりと引っ張り出してくることができる」

「ドルトムントはタイトルに飢えていると思う。

だが、重要なのは常にピッチ上のクオリティであり、現時点ではバイエルンが単純に上回っている。

(ユリアン・ナーゲルスマン)監督もバイエルンにぴったりだ!」

「毎年、同じチームが優勝するのは新鮮味に欠ける。特にバイエルン以外のファンたちにとってはね。

それでも我々のタスクはチャンピオンになることだ」

11節時点で勝点28獲得はバイエルンにとっても6年ぶりの快挙だ(この時点での総得点40はブンデス新記録)。

【動画】ドルトムント優勝に貢献!香川真司、英雄になった伝説ゴール

ただ、今季と同じように11節時点で勝点差4をつけていた2011-12シーズンはドルトムントが逆転優勝している。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら