クウェート1部リーグのアル・クウェートは、「ストーク・シティから元ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケルを獲得した」と公式発表した。

かつてチェルシーで長くプレーしたことで知られるミケルは、昨季イングランドの2部に当たるフットボールリーグ・チャンピオンシップを戦うストーク・シティに所属していた。

そこでレギュラーを務めキャプテンまで任されており、先日は契約延長のオプションが活性化されていた。

ところが今回そのストーク・シティとの契約を相互の合意の下で解除し、アル・クウェートへと移籍することになったとのこと。

アル・クウェートSCは1960年に創設されたクラブで、国内では独立以降最も古いチームとして知られている。

【写真】アフリカ人スーパースター6名の「知られざる兄弟選手」たち

これまで国内リーグを16回制覇するなど名門であるが、スケジュール短縮して行われた昨季はレギュラーシーズンで5位、ファイナルラウンドで3位とやや寂しい結果に終わっている。

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」