チェルシーのUEFAチャンピオンズリーグに大貢献したフランス代表MFエンゴロ・カンテ。近年は怪我などで調子を落とすこともあったが、見事に復活してみせた。

代表の同僚ポール・ポグバはバロンドール受賞に値すると絶賛している。ディディエ・デシャン代表監督も『RTL』のインタビューでこう讃えていたそう。

ディディデ・デシャン(フランス代表監督)

「エンゴロは攻撃面での記録は持っていない。

あまりゴールは決めないが、CL決勝を含めた最近の試合ではドライビングフォースにもなっていることを誰もが見た。

バロンドール?彼はそれにふさわしいよ。

(受賞)基準は知っているが、主に攻撃的な選手に関するものだと思う。DFやMFになるのは、その年に目立った攻撃的選手がいなかったからだ。

彼はフランス代表を支えるドライビングフォースのひとりだ。サイズではない。小さいが巨大だよ」

ゴール数など攻撃面でのスタッツには表れないが、チームを支える原動力になっていると賞賛。 また、小柄な体格ながら大きな存在だとも評価していたとか。

【動画】すごすぎ…カンテ、シティを封殺したCL決勝の“狩り”シーン

ただ、カンテ本人はまだ半年もあるのでバロンドールの話は時期尚早としている。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら