UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝、マンチェスター・シティはドルトムントとの1stレグに2-1で辛勝した。

試合後のジョゼップ・グアルディオラ監督は相手の攻撃陣が持つクオリティをあらためて強調。『DAZN』のインタビューでこんな話をしていた。

ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)

「前線の選手たちにはスピードがあるし、クオリティがある。

プレッシングをしようとすると、ロングボールでプレーしてくる。

ホーランがポストになるけれど、ホーランはとんでもないやつさ。

彼とのリンク(連携プレー)は常にパーフェクトだ。

彼らにはスピードがあるから、抑えるのは簡単ではないと分かっていた」

アーリン・ホーランらドルトムントの攻撃陣にはスピードがあり、連携プレーも完璧だと評価。

【動画】シティ移籍!?ホーラン、フォデンとのイチャイチャシーン

怪物ホーランについては、「Bastard」という英単語で凄さを表現していたようだ。