UEFAチャンピオンズリーグでボルシアMGを2-0で撃破し、公式戦の連勝記録を19に伸ばしてみせたマンチェスター・シティ。

プレミアリーグでも首位に立ち、カラバオ・カップでも決勝に進出。FAカップも準々決勝まで残っており、ここに来てチームはピークを迎えている。

なぜこのような快進撃が可能だったのか?『Daily Mail』によれば、そう聞かれたジョゼップ・グアルディオラ監督は以下のように話したという。

ジョゼップ・グアルディオラ

「我々は素晴らしい選手たちを買えるだけの多くのお金を持っている。

これは真実だ。質の高い選手がいなければ不可能だった。このグループの人間性は…選手たちは素晴らしく、信じられないような関係を持っている。

彼らは、すべての試合でプレーし、さらにそこで勝つことだけを考えている。

いまは今夜を楽しもう。それから土曜のウェストハム戦を考える。人々はセカンドレグのことを話しているが、それは3週間後のことだ。

今の目標はウェストハム戦だ。それが考慮することのすべてだ」

【写真】シティの「歴史上最も素晴らしかった1月補強」TOP5

なお、マンチェスター・シティがボルシアMGで先発させた11名の移籍金総額は4億7000万ポンド(およそ703億円)であったとのこと。