マンチェスター・シティのクラブ史上最多スコアラーに君臨するセルヒオ・アグエロ。32歳になった彼の契約は2021年6月末までとなっており、後継者探しはシティにとって急務といえる。

『Telegraph』によれば、シティはアグエロの後継者として、ベンフィカFWダルウィン・ヌニェスを注視しているそう。

21歳のウルグアイ代表FWヌニェスは身長187cmの長身ストライカー。今季ベンフィカに加入すると、ELレフ・ポズナニ戦ではハットトリックの大暴れを見せている。

 

高さをいかしたヘディングだけでなく、足元の巧さを見せつけた圧巻シュートは衝撃的だった。

シティは今夏の移籍市場でインテルFWロメル・ルカクを狙っていたものの、9375万ポンド(130億円)という提示額に手が出なかったとか。