今季、ベルギー1部リーグのベールホットに移籍した鈴木武蔵。初の欧州挑戦ながら、ゴールという確かな結果を残している。

第11節のルーヴェン戦でも勝ち越しゴールを決め、2試合連続得点をマークした。

1-1で迎えた前半25分、右からのクロスをヘディングで押し込みゴールを奪っている(以下動画2分20秒~)。

得点後は手を耳に当てるゴールパフォーマンスを披露した武蔵。見事なクロスでアシストしてくれた右SBヨレン・ドムとは笑顔でハグをかわしていた。

武蔵は今季7試合で5ゴール目。4-2で勝利したベールスホットはリーグ2位に浮上している。

【関連記事】夢のビッグクラブ移籍を「結果」で勝ち取った9名の日本人

『Sporza』によれば、エルナン・ロサーダ監督は「11試合で28得点はクレイジーだと思うね」、GKマイク・ヴァンハメルも「また4点とった、攻撃の効率性は驚異的だよ」と喜んでいたそう。