現在アーセナルでプレーしている元ドイツ代表MFメスト・エジル。その給与は週35万ポンド(およそ4800万円)に達すると伝えられている。

しかしながら現在チームではポジションを喪失してしまっており、出番が限られる状況となっている。

そのためアーセナルはエジルとの契約を解除したいと考えており、この2週間はそのための交渉に臨んだものの、決裂で終わっていたそう。

だが『Daily Mail』によれば今回アーセナルはその交渉を再び始める予定であるとのことで、人件費の削減を狙っていくという。

ただ、エジル側は残った半年分の給与1300万ポンド(およそ17.8億円)の全額支払いを求めているため、クラブの目論見どおりに物事を進ませるつもりはないという。

レアル・マドリーから加入してから数年、こんな素晴らしいプレーを見せていたメスト・エジル。

しかし今回アーセナルが発表したヨーロッパリーグのメンバーから外されており、もはや戦力外の扱いとなっている。

【関連記事】アーセナルの「7番」、最高から最悪の7名

このままアーセナルに残るのか、それともお金を妥協して半年早く退団し、他のクラブを探すのか…。