新型コロナウイルスの影響によって、サッカー界のスケジュールにも大きな影響が出ている。

今年12月にカタールで予定されていたFIFAクラブワールドカップの開催も延期されるようだ。

『AP』によれば、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長がこう述べたという。

ジャンニ・インファンティーノ(FIFA会長)

「いくつかの連盟は12月までにそれぞれのチャンピオンズリーグ(ACLなど)を完了させられないだろう。

このイベントが当初予定されていた12月に開催される可能性は低い」

そのうえで、2021年初頭にカタールで開催することを検討しているとも明かした。

2022年にFIFAワールドカップの開催を控えるカタール。その準備の一環として、クラブW杯を2年連続で開催する予定だった。

現在のところ、参戦が決まっているのは欧州王者のバイエルン・ミュンヘンだけ。

そのバイエルンは2013年にクラブW杯を優勝。ティアゴ・アルカンタラが叩き込んだ技ありの一撃がこれだ(動画30秒~)。

冷静なる一撃!

【関連記事】「最強バイエルンが誇る5人の筋肉王、その自慢のマッスルボディ」

バイエルンは準決勝で広州恒大を3-0、決勝でラジャ・カサブランカを2-0で下して優勝を遂げている。