『BBC』は17日、「バイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラは、リヴァプール移籍に合意した」と報じた。

元ブラジル代表選手のマジーニョを父に持つチアゴ・アルカンタラは、2005年にバルセロナの下部組織に加入し、そのままBチームに昇格。

トップチームでも4シーズンプレーしたものの一貫した出場機会を与えられず、2013年からドイツの名門バイエルン・ミュンヘンへと移籍した。

怪我にも苦しめられながら卓越したゲームコントロールでバイエルンの主力となり、昨季はチャンピオンズリーグ優勝にも貢献。決勝戦でも先発出場し、その実力を見せつけていた。

そのスーパープレー集がこちら。ブンデスリーガ公式が特集したものだ。

しかし今夏バイエルンとの契約が残り1年になったこともあり、クラブに退団の希望を提出。当初からリヴァプールへの移籍が噂されており、長い交渉の末にようやく合意に達したようだ。

移籍金についてはおよそ2000万ポンド(およそ27.2億円)で、パフォーマンス関連のボーナスが最大500万ポンド(およそ6.8億円)加わるとのこと。

リヴァプールは今夏のマーケットでDFコスタス・ティミカスを獲得していたが、大型補強と言えるのはチアゴ・アルカンタラが最初となる。

【関連記事】リヴァプールが「ドイツから獲得した13名」、成功か失敗か

新型コロナウイルスの影響によって多くのクラブが苦しい舵取りを余儀なくされている中、まだ29歳の大物選手を中盤に加えられることになった。