ワールドカップの舞台で日本代表とも凌ぎを削ったコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ。

34歳になった彼はトルコのガラタサライでプレーしている。契約は2022年まであるが、アメリカで引退すること希望しているようだ。

『AS』によれば、「ガラタサライとの契約は2年残っている。(その後は?)インテル・マイアミでプレーしたいんだ。あそこには多くのコロンビア人がいて、母国を思い起こさせるからね」と述べたという。

デイヴィッド・ベッカムが共同オーナーを務める同チームにはコロンビア人DFアンドレス・レジェスが所属している。また、マイアミはニューヨークと並ぶアメリカ最大のコロンビア人コミュニティもあるそう。

そのファルカオがワールドカップで決めた絶品シュートがこれ。

このアウトサイドのタッチは完璧!

【関連記事】ユナイテッド、この10年の「最悪の補強」ワースト10

また、ファルカオは引退後には監督ではなくスポーツディレクターやエージェントになることを考えているそう。