フローニンゲンで現役復帰したアリエン・ロッベンが、ビーレフェルトとのプレシーズンマッチで初ゴールを決めた。

この試合では板倉滉がフル出場、ビーレフェルトに移籍したばかりの堂安律も後半45分プレー。

CBとしてプレーした板倉は、鋭い読みでパスカットすると、そのまま持ち上がってのスルーパスで決定機を作り出すシーンもあった。そのプレーがこれ!(以下動画2分41秒~)

ボールを刈り取ると、ドリブルで相手をかわし、スルーパス!

完全な決定機だったものの、18歳FWロマーノ・ポステマが決められず得点には至らなかった(2つ目の動画、1時間35分40秒~だとより分かりやすい)。

【関連記事】ウイイレ2020「俊敏性最強のセンターバック」TOP10

試合は1-1の引き分けで終了。ダニー・バイス監督は「人々にはロッベンが受けているプレッシャーは分からないよ」と述べていたとか。