かつてアーセナルやマンチェスター・ユナイテッドで活躍し、オランダ代表でもエースストライカーを務めたロビン・ファン・ペルシー。

フェイエノールトでプレーした2018-19シーズンを最後に現役を引退しており、その後は悠々自適に様々な活動を行っている。

その彼が取り組んでいるものの一つが、「パデル」というラケットスポーツ。

欧州や南米で盛んなもので、テニスとスカッシュを足したようなルールで行なわれるもの。近年は日本でもパデルのコートがかなり増えており、競技者も増加している。

ファン・ペルシーがプレーしている動画がこれだ。

初めてトーナメントに出場した動画がこれだそう。なんと決勝まで進出したとか。

【関連記事】競技を「掛け持ち」したサッカー選手たち

現役時代にも卓球が非常にうまいと評判だったファン・ペルシー。パデルでも成功を収めることができるだろうか?