ロシア1部リーグで2連覇を遂げたゼニト・サンクトペテルブルク。

国内カップ戦決勝ではヒムキを1-0で撃破し、国内2冠を達成した。だが、その直後のトロフィー授与式でハプニングが発生。やっちまった瞬間がこちら。

トロフィーを選手たちが掲げた際、クリスタルのカップが落下して割れてしまったのだ。

キャプテンのブラニスラフ・イヴァノヴィッチも思わずヤバ…という表情に。ただ、選手たちに悪意はなく、形状的に不可避だったようにも見える(最初からとっておけばよかったが)。

【関連記事】秀逸デザインが欲しくなる!美しいプレマッチジャージTOP15

なお、36歳のイヴァノヴィッチは契約が今月で終了するため、これがゼニトでのラストマッチになる可能性がある。

彼は給与カットに同意しなかたため、チームは契約を更新しないことにしたとも伝えられている。セルゲイ・セマク監督は「これが彼のラストマッチか否かはまだ明言できない」と述べたという。

今回と同じようなハプニングは2007年のロコモティフもやっているそう。