かつて香川真司とともにマンチェスター・ユナイテッドでプレーした元オランダ代表FWロビン・ファンペルシー。

アーセナルの大エースだった彼の電撃移籍は驚きだった。そのファンペルシーは、ユナイテッドのポッドキャスト配信でこんな話をしていた。

ロビン・ファンペルシー

「ある時、ウェイン・ルーニーのファンだったシャケール(息子)にこう聞いたんだ。

『父さんとルーニーが一緒にプレーするというアイデアは好きかな?』ってね。

息子はこう答えた、『Yeah、彼がアーセナルに来るの?』と。私は『No,no,no。僕らがあっちに行くんだよ』と返したんだ。

当時まだかなり幼かった彼は『でも、かなり遠いし、違う街だよ。学校に友達もいるし、僕はここでハッピーさ』と言った。

(ユナイテッド行きに)彼はあまり嬉しそうではなく、熱心でもなかったんだ。

マンチェスターで3,4日過ごした後、子供たちには新しい友達ができて、すぐに仲良くなった。

彼らはマンチェスターで本当にハッピーだったよ。

ロンドンに友達がいた私は多くの人に聞かれた。なぜマンチェスターで暮らすのかと。

彼らからは難しいよと言われた。とても大変だし、いつも雨だと。マンチェスターについての古典的な話をね。

私は『OK、でも自分は行動したいんだ。それに取り組んでいる』と返したよ。

マンチェスターでは妻ブシュラと子供たちとともに最高の時を過ごせた。妻はとてもハッピーだったよ。

ロンドンは美しい街さ。でも、マンチェスターと比べると、ロンドンはほとんどの人がせわしない。

ちょっとの会話でも常に急いでいるし、忙しく働いている。

マンチェスターでは多くの人によりゆとりがあって、会話もできることに気付いた。

違うライフスタイルだったし、家族と一緒に過ごすならパーフェクトな場所だったね」

そんな美人妻ブシュラさんと息子シャケールさんがボクシングで殴り合うシーンがこちら。

結構ガチ?

【関連記事】ファーガソンがユナイテッドに連れてきた「最後の20名」ベスト5とワースト5

また、ファンペルシーはレギュラーではなかったチチャリートが練習で100%以上を出す姿などに感銘を受けたとも述べている。