今年からMLSに参戦したインテル・マイアミは、デイヴィッド・ベッカムが共同オーナーを務めるチームとしても知られている。

そのインテル・マイアミがMLSの一か所集中開催トーナメントで敗退が決定した。4チームが戦うグループステージで3連敗となってしまったのだ。

中断前の開幕2試合も連敗していたため、これで5連敗。MLS史上最悪のスタートとの声もあるなか、ベッカムはInstagram上でこのようなメッセージを発信した。

デイヴィッド・ベッカム(インテル・マイアミ共同オーナー)

「道のりは長く、一休みしなければいけない時もある…。

マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、ラ・リーガ、プレミアシップ(リーグ)は一日で作り上げられたものではない。

チーム、選手、クラブには花開くための時間が必要だ。

ただ、そうなった時には全てのつらい時間がとても遠くに見えるものだ。

我々がこれまでに成し遂げたことをじっくりと考えてみるのも重要さ。

私は我がチーム、我がクラブ、素晴らしいファンたちを誇りに思う。

忍耐は美徳だ」

なかなかいいことを言っている…。

そのベッカムがレアル時代にやった鬼フリーキックといえばこれ!

ロベカルとのコンビでゴールゲット!

【関連記事】美の暴力…サッカー史上最強の「貴公子」イケメン10名を選んでみた

それにしても、コースが鬼すぎる…。