プレミアリーグ3連覇の夢がついえたマンチェスター・シティ。ただ、直近のブライトン戦では圧倒的な強さを見せつけた。

そのなかでラヒーム・スターリングの3点目はこんな面白い形で決まっている(以下動画1分43秒~)。

こんなのは見たことがない…。本人さえもびっくりしたはずだ。

【関連記事】中東だけじゃない、「航空会社がスポンサー」ユニフォーム8選

ファイナンシャル・フェアプレー制度(FFP)違反によって、UEFAから罰金とチャンピオンズリーグ出場禁止処分を受けていたシティ。

だが、スポーツ仲裁裁判所(CAS)はその処分を撤回する裁定を下した(ただし、1000万ユーロ1000万ユーロ<およそ12.1億円>の罰金は支払う)。

この決定については各方面から様々な反応が出ている。FFPの立ち上げに携わった元UEFA幹部は警鐘を鳴らした。

発言したのは、UEFAの元広報責任者でミシェル・プラティニ会長(当時)の上級顧問も務めたウィリアム・ガイラール氏。『Liverpool Echo』によれな、同氏はこう危惧を訴えたという。

ウィリアム・ガイラール(元UEFA広報責任者)

「このCASの判決によって、シティはエミレーツから数十億(ポンド)を得ることができる。

また、ヨーロッパの大会が、サウジアラビア、カタール、UAEによるものになるだろう。中国もそこに加わりたいかは分からない。

ヨーロッパのプロフットボールクラブが直面しているとてつもなく大きな危機だ。

(金満クラブにとって)1000万ユーロの罰金は、カフェでウェイターにチップを渡すようなものだ。

問題になっているのは、このゲーム(フットボール)の未来だ。中東3か国による争いになった時、どう生き残ることができる?

他クラブは非常に幻滅しているだろう。英国のクラブも含めて、彼らは守られないままになっているからだ。

合法的に利益を上げたいという理由でサッカー界でオーナーをしている人間が、無限の金を持つ世界的な金持ちを相手にしなければいけないのは、とんでもない落胆だ。

もし私が合法的な投資家だったなら、フットボール(への投資)は放棄するだろう。競い合うことができないからだ。

私はアレクサンドル・チェフェリン(UEFA会長)に完全に同意する。

もしFFPを廃止する必要があるなら、ぜいたく税や富裕税、サラリーキャップなどアメリカにあるようなルールで競争バランスをとることに焦点を当てるべきだ。

これがどの試合でも特徴になっている予測不可能性(どちらのチームが勝つのか分からない楽しさ)を保つ唯一の方法だ。

非常に抜本的な対策を検討する必要がある。そうしなければ、このゲーム(フットボール)は退化する」