日本代表DF植田直通が所属するベルギー1部リーグのセルクル・ブルッヘ。このほど、GKミゲル・ファンダメ(26歳)との契約延長を発表した。

2016年に白血病と診断された彼はその後実戦復帰を果たすも、今年1月に再発が判明し、現在も闘病中だ。ブルッヘ市長も参加した契約延長の発表会の様子がこちら。

ファンダメはまだ痩せているように見えるが、元気ではあるようだ。

【関連記事】恐ろしい怪我や病気から戻ってきた14名の選手たち

セルクル・ブルッヘの会長は「彼の契約更新は我々にとって絶対必要なものだった。セルクルはひとつの大きなファミリーであり、2013年からうちでプレーしているミゲルは大事な一員だ。彼の健康状態が上向いていると聞いて嬉しい。決して諦めない!」とコメント。

ファンダメ本人も「新たな契約は本当に嬉しい、セルクルでの8シーズン目が待ち遠しい。全てにありがとう」と綴っている。

6/18(木) 4時15分~ 生中継!マンチェスター・シティ対アーセナル