ブンデスリーガ8連覇を達成したバイエルン・ミュンヘン。0-1で勝利したブレーメン戦では、他にも凄い記録が誕生していた。

Optaによれば、アルフォンソ・デイヴィスが時速36.51kmのトップスピードを計測していたとのこと。これは、データを計測し始めた2013-14シーズン以降のブンデスリーガで最速となる数値だそう。

ただ、この試合で物議を醸すこんなプレーがあった。

もつれ合った相手MFレオナルド・ビッテンクールの足を後ろから蹴りつける…。

ここでは退場を免れたデイヴィスだが、後半に2枚目のイエローカードを受けて退場になっている。

【関連記事】久保建英もいるぞ!「最も給与が高い10代選手」TOP10

後味が悪い結末となったが、優勝決定後にデイヴィスは「気分はいいよ!エキサイティングだ」と喜んでおり、退場に凹んではいなかったようだ。

6/18(木) 4時15分~ 生中継!マンチェスター・シティ対アーセナル