このところイタリアでブレイクしている13歳の天才女優ルドヴィカ・ナスティ。

2018年から放送されている「L'Amica Geniale」(日本では『リラとわたし』という題名で出版された小説が原作)というドラマシリーズに出演し、その演技が非常に話題を集めた。

現在は1996年から放送されている長寿ドラマの「Un posto al sole」にも出演しており、注目の女優となっている。

初の書籍『Diario geniale』を出版した彼女は今回『Gazzetta dello Sport』のインタビューに答え、なんと女優の他にサッカーにも熱心でありナポリの大ファンであることを明かしたそう。

『CalcioNapoli1926』によればこのように話しているとか。

ルドヴィカ・ナスティ

「ルドヴィカ・ナスティです。4年間サッカーをしています。ナポリの大ファンですが、スポーツ全般を愛しています。

サッカーをやっている時はすべての不安から解き放たれます。男の子と一緒にプレーしますが、スクールには女子も何名かいます。

楽しんでいます!男の子の仲間からも差別されることはありませんし、スポーツはすべての人のためにあるべきだと思います」

「ナポリのガットゥーゾ監督は間違いなく素晴らしいコーチですし、とても強い人です。このナポリで上手く行くことを皆祈っています。

どの選手が一番好き?ロレンツォ・インシーニェです!でも、まだ会ったことは無いんです。

いつかは…ロレンツォ、私はここにいるよ!待っています!」

【関連記事】可愛い女の子はサッカーが似合う!!歴代EUROガールを一挙おさらい

おそらく近いうちにインシーニェとも会えるはず…そのときの映像も楽しみにしたいぞ。