もうすぐ6月を迎えるこの時期は例年ならUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦が行われていた。

今から25年前の1995年はアヤックスとミランが決勝で激突。若きパトリック・クライファートが伝説になった一戦で、ルイス・ファンハール監督がやった「空手キック」が再び話題になっている。

そのキックシーンがこちら!

この足の上げ方!当時のファンハールは43歳なのだが、ガチでやっている…。

これは、ミランDFデザイーがリトマネンにやったハイキックに対する抗議。後年、クライファートは「主審はミランのビッグネームたちに感服しているようで、ほぼ全て相手に有利な笛を吹いていた。ファンハールのスパークが僕らに火をつけたのさ」と語っている。

【関連記事】「背番号8」なのに守備の人だった8人

ちなみに、クライファートが決めた18歳と237日でのCL決勝戦ゴールはいまだに最年少記録のままだ。