1月のマーケットでレッドブル・ザルツブルクからボルシア・ドルトムントへと移籍した19歳のノルウェー代表FWアーリン・ホーラン。

ブンデスリーガでも5試合で8ゴールというとんでもない得点力を見せつけ、公式にもこんな動画をまとめられていた。スゴすぎる…。

彼はマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が濃厚と言われていた時期があったが、最終的にはドイツを新天地に選んでいた。

『Mirror』によれば、今回アーリン・ホーランの父アルフ=インゲが『TV2』のインタビューに対して以下のように話したという。

アルフ=インゲ・ホーラン

「他のクラブではどうなっていたかはわからない。もしかしたらそちらでも良かったかもしれないよ。

我々はそれに答えを出すことはできないよ。ただ、我々はドルトムントに加入したことに満足している。

監督だけではなく、クラブ全体が求めてくれる場所に行かなければならないものだよ。それが最も重要なことだと思う。

加えて言えば、そのクラブが過去5~10年の間どのように活動してきたか、これからどんな方向へ進んでいくかもね。

『Mirror』はこれを「スールシャール監督が解任される可能性があり、ホーランの立場が不安定になる…」ということでユナイテッドを断った…という形で解釈しているようだが。