現在世界的に流行を広げている新型コロナウイルス。その影響によって様々な国のリーグが中断を余儀なくされており、現実世界のサッカーはほぼ動きがなくなっている。

サッカーファンが退屈に苦しめられている中、セガは3月18日から25日までサッカーシム「フットボールマネージャー2020」を無料開放することを決めたとのこと。

「フットボールマネージャー2020」は、およそ80万人に及ぶ選手のデータが収録された世界最大のサッカーシミュレータゲーム。

51カ国の116リーグ、2100クラブがゲーム中に再現されており、ユーザーは自由にその中でチームの戦術構築や補強などを楽しめる。

ゲームプレイ動画はこんな感じだ。

あのアンドレ・ヴィラス=ボアスがジョゼ・モウリーニョの下でスカウティングを担当していたとき、世界のタレントを見つけるために「フットボールマネージャー」のデータを参考にしていたことでも知られている。

もちろんサッカー選手にも人気であり、ポール・ポグバやアントワーヌ・グリーズマン、ウスマヌ・デンベレ、セサル・アスピリクエタ、クリスティアン・エリクセンらもファンである。

なお、無料開放されるのはPC向け(Steam版)のみ。有料の英語版ではあるがNintendo Switchでも「Football Manager 2020 Touch」というバージョンが提供されている。