サッカーやフットサルで楽しんでいる時に使っているスポーツウェアは今やオシャレなアイテムだ。パリのファッションウィーク(通称パリコレ)ではスポーツテイスト、スポーツMIXが当たり前になり現在はそれにサステナビリティ(持続可能性)を取り入れることがトレンドとなっている。

スポーツウェアは着やすいという特性がある。今ではどんなスポーツのどんな要素を日常のファッションに落としんで着れるのかを研究することが成功のカギだ。スポーツウェアの素材は今やビジネスマンのスーツにも応用されている。その代表的な素材の1つが「ソロテックス(SOLOTEX®)」だ。

ーーソロテックスⓇはストレッチ性がありながら形状記憶能力が高いことが売りだと感じます。ストレッチ性があるウェアはこれまで撥水性が悪いものが多い印象がありました。

ソロテックスⓇを使った製品でも、撥水=水をはじく加工のものもあれば、吸水=水を吸う加工のものもバリエーションがあります。

例えば、上下セットアップのウェアは破水の加工をしている生地を採用していて、水を吸わない…吸わないというか、はじく加工をしています。

ーーシルエットが身体に沿うようなイメージです。現在のファッションシーンではオーバーサイズが流行っていてゆったり感がある方が好まれているように思えますがそのあたりはどう解消しているのでしょうか?

直接的にソロテックスⓇという部分ではないのですが、弊社デサントが得意とするパターンの技術です。

ウェアを構成する前の平面上のパターンを…縫い上げた時に立体的になるということで、体の凹凸に合わせた立体的なパターンによって体には沿うのですが、体が動いた時にストレスを感じにくいような設計を用いています。

ーー今後力を入れていくアイテムは何でしょうか?

シーズンによって変わってきますが、アウターとパンツがメインになると思います。例えばこれからの季節は「エアリートランスファー」がおすすめです。

ーー中に着込むにはどんなスタイリングがおすすめでしょうか?

トップスに関しては、吸水性・速乾性に優れたTシャツです。

ボトムスは、下着の上に履いていただく。非常にさらっとした肌触りで、気温が上がった時期でもさらっと着ていただけるので、春夏シーズンにおすすめです。

ーーパンツの種類が多く選ぶのに悩む方がいると思います。ランニング用、ハーフパンツとエアリートランスファーの「構造上というか」選択するのに「選ぶ」ポイント「違い」を教えていただけますか?

エアリートランスファーはサラッとした着心地のため、ロングパンツは暑苦しいけどハーフパンツは苦手と感じる方に快適に着ていただけます。

また、ランニングパンツは細身のものが多いので、細身のパンツに抵抗感がある方にもおすすめしたいです。

生地に施した特殊しわ加工をしており、ストレッチ性と高級感のある風合いを実現しているため、これから始まる初夏にかかて、トレーニングやランニング時に活用頂きたいのがエアリートランスファーのロングパンツです。

ーービジネススーツでストレッチ性のある素材が使われることを発表するブランドが増えています。このようにソロテックスⓇでもビジネススーツなどの応用が見られますが、ソロテックスⓇの「特性」で特にビジネスマンの仕事時にここが「快適」となるような要素ってありますか?(世の中のサラリーマン男性にこういうところがよくなるよといいますか。)

ソロテックスⓇはスーツで応用した場合、しなやかなバネのような分子構造で、ソフトな風合い、優れた形態回復性を持つため、スーツ特有のごわつきを感じにくく、腕や足を動かしやすくなります。

また、ストレッチ性があり、シワになりにくい特徴もあるため、イージーケアの素材というところも見逃せないポイントです。

ーーありがとうございました。SOLOTEX®の商品が見たい方はデサントの公式オンラインストア特集ページ(下記画像よりどうぞ。

デサントSOLOTEX®搭載 特集ページへ飛ぶ

※SOLOTEX®は帝人フロンティア㈱の登録商標です。