昨季はUEFAチャンピオンズリーグでクラブ史上初の決勝進出を果たしたトッテナム。

だが、先日行われたRBライプツィヒとのラウンド16ファーストレグには0-1で敗れた。

後半19分にはベンチに下げられたイングランド代表MFデル・アリが激昂するシーンが。その瞬間がこれ。

水の入ったボトル、そして、脱いだスパイクもブン投げる!

ジョゼ・モウリーニョ監督はこの件について、「彼は私に対してではなく自分のパフォーマンスに怒っていたと思う。なぜ私が彼を交代させたのかは分かるだろう。(交代後に)チームのパフォーマンスは改善された」とコメントしている。

本日、トッテナムはモウリーニョの古巣であるチェルシーと対戦する。