タイで行われているAFC U-23選手権。グループステージ最後の試合が16日に行われた。

開幕からの2試合を2引き分けと健闘してきたベトナムは、最終節で北朝鮮と対戦。勝利すれば決勝トーナメント進出の可能性がある状況だった。

その中で16分に先制ゴールを奪うことに成功し、幸先よくスタートできたのだが…。問題の場面は動画48秒~。飛んできたフリーキックをベトナムGKブイ・ティエン・ドゥオンがキャッチしようとした。

ところが、それが手の間を抜けて枠の中に!

これがブイ・ティエン・ドゥオンのオウンゴールと判定され、同点に追いつかれてしまったのだ。

さらに、試合終了間際には北朝鮮にPKを与えてしまい、なんと逆転負け…。

もし勝点を5、得失点差をプラスに乗せていたら決勝トーナメント進出の可能性があっただけに…なんとも残念な敗戦となってしまった。