2018シーズン限りで現役を引退した元日本代表FW巻誠一郎。

彼の引退試合が13日、地元の熊本で行われる。

巻は2016年に発生した熊本地震の復興支援を継続して行っており、300以上もの拠点を回って被災者を支援している。

サッカーを通して子供たちに元気を与えたいという想いから、現役時代を共に戦った選手たちを集め、今回、自らプロデュースした引退試合を地元熊本で開催する。

そうしたなか、DAZNもまたスポーツの力を信じ、その想いに賛同することから、日本全国に試合映像を届けることを決定したという。

「巻フレンズチームvs元日本代表ドリームチーム」の一戦は、DAZNにて独占ライブ配信される。

以下は巻のコメント。

「私、巻誠一郎は、2020年1月13日に熊本のえがお健康スタジアムにて引退試合をさせていただくことになりました。近年、さまざまな天災が発生し、2016年に熊本震災が起こったことで、サッカーはサッカーだけで終わるものではないと、改めてサッカーが持つ本当の価値に気付かされたように思います。最後に本物を熊本の子供たちに見てほしい。その背中を熊本の子供たちにもう一度見せたい。だから僕の引退試合は熊本でやりたい。その思いから熊本で開催する形を取らせてもらいました」

「これまでのサッカー人生、辛い時も、苦しい時も、楽しい時も、数え切れない方々に支えていただきました。サッカーを通じて関わった方々は、今の私にとって最高の財産となっています。そして自分はサッカー選手として勝つこと、そしてファンの皆さんに楽しんでもらうことを最優先に考えてきました。今回、DAZNで引退試合を中継していただけることになり、熊本までお越しいただけない全国のサッカーファミリーの皆さんにもサッカーを通じて感謝のメッセージをお伝えする機会をいただけて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」

「たくさんの子供たちに夢に向かってボールを蹴ってほしい。そしてサッカーをしていない子供たちにも、夢を追うことの先に輝くステージが必ず待っていることを伝えたいと思っています。この引退試合は、僕自身で企画から準備に至るまでをプロデュースさせていただいています。僕のサッカー人生の通過点として、僕のこれからの人生に向けて、長く支えてくださった方々への思いを胸に、皆さんの前でスパイクを脱ぐことができたら幸せです」

■『巻誠一郎 引退試合』概要

【配信日時】

2020年1月13日(月・祝) 13:00 キックオフ(12:50配信開始予定)

【場所】

えがお健康スタジアム

【対戦カード】

巻フレンズチーム vs 元日本代表ドリームチーム

【出場選手】※1月10日現在

監督:岡田武史、原博実

選手:稲本潤一、ゆうやさん(シド)、本山雅志、駒野友一、深井正樹、森川泰臣、五領淳樹、水野晃樹、田中英雄、櫛野亮、小笠原満男、中田浩二、佐藤勇人、山岸智、土肥洋一、楢崎正剛、坂本將貴、坪井慶介、楽山孝志、石川直宏、高松大樹、イリアン・ストヤノフ、福西崇史、久保竜彦、鈴木啓太、播戸竜二、加地亮、鈴木隆行、羽生直剛、中島浩司、中西永輔、西紀寛、土屋征夫、畑実、黒木晃平、片山奨典

なんとも豪華メンバーが集う一戦に!

13日といえば全国高校サッカー選手権の決勝が開催されるが、あちらは14:05キックオフ。

当日は巻の引退試合からハシゴするのが良さそうだ。