今季レアル・マドリーに移籍したベルギー代表エデン・アザール。

エースとして大活躍したチェルシー時代には、リヴァプール相手にこんな変態的スーパーゴールを突き刺したこともある(以下動画3分~)。

これはエグすぎる…!

そのアザールの秘話を元同僚フィリペ・ルイスが明かした。チェルシーでチームメイトだった彼は『2AngryMen TV』でこう述べたのだ。

フィリペ・ルイス

「エデンはロッカールームでマリオカートをプレイしていたよ。

フィットネスコーチが『(キックオフまで)10分、ウォームアップに行くぞ』と言っても、彼は着替えもせずにプレイし続けていたんだ」

試合直前まで熱中するほどマリカーにハマっていたとか。

フィリペ・ルイスは、アザールの「落ち着け、ボールを俺に渡せ、問題ないさ」と言う返答にも驚かされたそう。