カタールで行われたFIFAクラブワールドカップ。リヴァプールはフラメンゴとの決勝に1-0で勝利し、初優勝を遂げた。

延長戦にまでもつれ込んだ激戦を制した後、主将ジョーダン・ヘンダーソンはこんな形でトロフィーを掲げていたぞ。

焦らしてからのドッカン!

『BBC』によれば、ヘンダーソンは試合後にはこう述べていたそう。

ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプールMF)

「面白い試合だった。見るには面白い試合だったと確信しているよ。

でも、僕らは立ち止まらなかったし、いいパフォーマンスといいメンタリティがはっきりと表れていた。

もう何点かは決められていたかもしれない。全体的には難しい状況での結果とパフォーマンスに満足しているよ」

面白い試合だったとしつつ、今後も改善とハードワークを続けていくと気を緩める様子はなかった。