トッテナムの新監督に就任したジョゼ・モウリーニョ監督。これまで2度UEFAチャンピオンズリーグを制している。そのモウリーニョのCLでの名シーンがこちら。

キッズを見る目線の優しいこと…。

『Record』によると、モウリーニョはリーダーとキャプテンとの違いを語るイベントに招かれたそう。

インテルのハビエル・サネッティやチェルシーのジョン・テリーについて語ったほか、ポルトの主将だったジョルジュ・コスタのこんな秘話も披露していたとか。

ジョゼ・モウリーニョ

「(前半終了時点で)ベレネンセスに2-0で負けていてね。

私はロッカールームで激怒するつもりだった。

だが、彼は2分ほど外で待っていてくれと私に言ってきたんだ。

彼は部屋に入ると、私のために嫌な仕事をしてくれた。

そして、3-2で試合に勝ったのさ」

ジョルジュ・コスタはチームに喝を入れるつもりだったモウリーニョを制して自分でその汚れ役を買って出たそう。すると、気合いを注入されたチームは後半に試合をひっくり返して逆転勝ちしたとか。

なお、実際には1-3というスコアだったという話も。