11月12日に発表されたバルセロナのフォースユニフォーム。カタルーニャ州旗のセニェーラを描いたデザインは、大きな話題となり注目を集めた。

このセニェーラは、カタルーニャの人々にとっては象徴的な存在。それを大胆に描いたフォースキットが1日、ついに実戦デビューを果たした。

Bracelona 2019-20 Nike Fourth 'Senyera'

バルセロナ 2019-20 Nike フォース ユニフォーム セニェーラ

フォースキットは、1日に行われたアトレティコ・マドリーとのアウェイゲームで初登場。試合はリオネル・メッシのゴールにより、0-1でバルセロナが勝利している。

リリース時点では不明だったパンツとソックスのデザインは、どちらもイエローを基調としたデザインに。ソックスはシャツ同様に4本のストライプをあしらう。

バルセロナ 2019-20 Nike フォース ユニフォーム セニェーラ

近年、独立の機運が高まるカタルーニャ州。先日も市民による大規模なデモの影響で、10月26日にカンプ・ノウで開催予定だったクラシコが延期になったばかり。そんな運動の旗印とも言えるセニェーラには、単なる州旗以上の重みがある。

バルセロナ 2019-20 Nike フォース ユニフォーム セニェーラ

背面はこのようにネイビーのネームナンバーをプリントする。

バルセロナ 2019-20 Nike フォース ユニフォーム セニェーラ

この試合では、ユニフォームと同様にセニェーラをあしらったアンセムジャケットも初登場となった。左胸のエンブレム下にはスポンサー「RAKUTEN」のロゴマークを付ける。