佳境を迎えているEURO2020予選。すでに本戦出場を決めているベルギー代表は敵地でロシアを1-4で撃破した。

アザール兄弟とロメル・ルカクのゴールで勝利したベルギー。だが、謎のユニフォーム間違い事件が起きていた。それがこれ。

背番号23を着けていたのはFWミチ・バチュアイ…ではなく、4番であるはずのDFデドリク・ボヤタ!

『Sporza』によれば、先発したボヤタだったが、後半からはなぜかバチュアイのユニフォームを着て登場していたとか。確かに風貌は似ていなくもないが…。

ボヤタは10分ほどそのままプレーしたものの、ベンチが間違いに気付き、その後着替えることに。なお、バチュアイも後半途中から途中出場している。