セリエA第11節、トリノ対ユヴェントスのダービーがオリンピコ・グランデ・トリノで行われた。

後半25分に決勝点を決めたのは、マタイス・デリフト。ユーヴェ移籍後初ゴールとなった一発がこれ!

コーナーキックをゴンサロ・イグアインが折り返すと、フリーになっていたデリフトがボレーで叩き込んでみせた。

ユーヴェ選手たちが歓喜に沸く一方、ヴァルテル・マッツァーリ監督は不満爆発。なんとも対照的なシーンだった。この一撃で勝利したユーヴェは首位をキープしている。

この日は自陣ボックス内で手にボールが触れる場面もあったデリフト(PKはなし)。試合後には「自分のゴールによって、1-0で勝つのは特別さ。新しいチームに馴染むのは大変だけど、チームメイトはよくしてくれるし、全てがうまくいってる」とご満悦だった。