今夏、パリ・サンジェルマンを退団して母国ブラジルに戻ったダニエウ・アウヴェス。

彼が2年間を過ごしたパリ時代を振り返った。『GQ Brazil』によれば、こう述べていたそう。

ダニエウ・アウヴェス

「パリはストレスの多い街だ。あまり好きじゃないね。

もしパリに1週間行けば、一生で一度の旅になるだろう。

それよりも、疲弊するはずだ。ちょっとサンパウロを思い起こさせるね。

だが、クソみたいな人種差別主義者がいる。かなりね。

彼らは俺には何もしなかった。俺ならクソッタレと言うだろうからね。だが、友人と一緒に目にしたよ」

一方、バルセロナやセビージャの人々はブラジル人みたいと居心地の良さを感じていたとか。