3日に行われたUEFAヨーロッパリーグ・グループステージ第2節。堂安律が所属しているPSVは、敵地に乗り込んでローゼンボリとの試合を戦った。

序盤からペースを掴んだPSVは14分にパブロ・ロサリオのゴールで先制し、さらに37分にオウンゴールで追加点を決めた。

そして41分には堂安のパスからドニェル・マレンが3点目を叩き込み、前半の内に0-3と大きくリードする。

70分にはローゼンボリFWサミュエル・アデグベンロに1点を返されたものの、その後再び反撃に成功する。

堂安が縦パスを相手選手と絡みながら持ち出し、さらにプレスバックしてきた選手をフェイクで外すと、裏にスルーパス!

マレンが飛び出して4ゴール目を決め、スコアを1-4としたPSV。このまま試合を終わらせ、重要な勝点3を獲得した。