このところサッカー界で動くお金は莫大なものになっており、移籍金の額もうなぎのぼりとなっている。

ただ、時代によって貨幣の価値は変わるものであるし、サッカー界全体の資金力も上下するわけで、「収入に応じての支出」としては一概にランキング化しにくい。

それを今回『TotallyMoney』が計算し、1992年にプレミアリーグが発足して以来の「サッカー界インフレ率」を適用した「歴史上最高額移籍」が判明したぞ。

単純に金額の上では2億ポンドのネイマールが1位であるが、果たしてインフレ率が加わるとどうなるか…。

10位:ジャン=ピエール・パパン

時期:1992年(マルセイユ→ミラン)

移籍金:1080万ポンド

インフレ率換算:1億200万ポンド(およそ221.2億円)

フランスの名FWパパン。マルセイユで大活躍をし、1992年にミランへと移籍した。ファンバステンとのツートップで期待されたが、パートナーも本人も怪我で苦しみ、その「共演」はそれほど多くはなかった。

9位:アレン・ボクシッチ

時期:1993年(マルセイユ→ラツィオ)

移籍金:990万ポンド

インフレ率換算:1億5300万ポンド(およそ222.7億円)

チャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献したクロアチア代表FW。後にマルセイユに八百長問題が発覚したことでラツィオに移籍し、セリエAで長くプレーすることとなった。