アントニオ・コンテ新監督を招聘したインテルが絶好調だ。

サンプドリアとの第6節にも1-3で勝利して、これでセリエA開幕6連勝。これは1966-67シーズン以来の快挙で、ここ50年で最高のスタートになったとか。

サンプ戦ではアレクシス・サンチェスが待望の初ゴールをマーク。だが、その後に退場になってしまった…。驚きのシーンがこれ(以下動画2分~)。

後半開始1分、相手ボックス内で倒れ込んだアレクシス。だが、ダイブと判定した主審からこの日2枚目となるイエローカードを貰い、まさかの退場に…。

前半には嬉しい初ゴール(動画45秒~)も決めていたのだか、天国から地獄となってしまった。

これでアレクシスはユヴェントスとの大一番を出場停止により欠場する見込み。コンテ監督は今後はより注意する必要があると口にしていたそう。

インテルはミッドウィークにもCLでバルセロナとのビッグゲームが控えている。