レアル・マドリーからの退団が確実視されていたギャレス・ベイル。

だが、チーム事情から一転して残留に傾くと、ビジャレアル戦では救世主的ゴールまで決めてみせた。ただし、その直後にはまさかの退場に…。

このなんとも言えない表情…。

ただ、これでベイルはレアルでの得点数が104に到達。元祖ロナウドがレアルで決めた得点数に並んだとのこと。

そのベイルはレアル公式の映像を引用リツイートしてこう綴った。

「この偉大なクラブでプレーできることを誇りに思う」。

退団したクリスティアーノ・ロナウドの穴を埋めることができなかった昨季終盤はプレーする度にレアルサポーターからブーイングを浴びせられたベイル。

ジダン監督との関係も含めて修復不可能とも言われていたほどだったが、リベンジのシーズンとなるだろうか。