先日、来日したバルセロナとの楽天カップを戦ったヴィッセル神戸。公式戦ここ5試合勝ちがなく、第22節大分トリニータ戦も1-1の引き分けとなった。

ただ、古橋亨梧が決めたスーパーゴールは文句なし。スペインではその直前にアンドレス・イニエスタがやったドリブルも話題に。そのシーンがこれ!

低い位置でボールを受けると、あえてゴール前に突っ込んでいったイニエスタ。

2人に寄せられ体勢を崩しかけるも、見事に立て直して一気に突破!3人目を引き連れながら古橋にパスを送ってみせた。

『AS』では「イニエスタのきらめくプレーがゴラッソにつながった。SNSでもトレンドに」などと紹介している。

古橋のスーパーゴールには腕を突き上げて歓喜していたイニエスタだが、本当はワンツーを狙っていたのかも?

クラブ公式によれば、古橋は試合後にこう述べていたそう。

古橋亨梧(ヴィッセル神戸FW)

「アンドレスから縦パスをもらってうまくターンできたので、思い切ってシュートを打てました」

「試合中でも練習中でも(イニエスタから)パスが出てくるので、僕はもう少ししっかり枠に飛ばすことができればもう1点くらいは決められたかなと思います」

神戸は14日に天皇杯3回戦で大宮アルディージャと対戦する。