7日と8日の2日間にかけて広島で、広島県選抜と長崎県選抜のユースチーム(U-15、U-18)による「HiFA 平和祈念 2019 Balcom BMW PEACE MATCH」を開催。その試合で両チームの着用ユニフォームを、スポーツメーカーのHummelがデザインした。

平和祈念ユニフォームは、戦後70年、被爆70年を迎えた2015年の夏より、ヒュンメルがV・ファーレン長崎と発表してきた夏季限定のスペシャルユニフォーム。それが今年はユースの舞台でも実現した。

Team Hiroshima 2019 Hummel Peace Match FP

広島 長崎 ユース選抜 2019 Hummel 平和祈念ユニフォーム

広島県選抜のユニフォームは、前面に広島の原爆ドーム、背面に長崎の平和祈念像をそれぞれプリントする。

広島 長崎 ユース選抜 2019 Hummel 平和祈念ユニフォーム

右肩には被爆した日付が入る(広島は8月6日、長崎は8月9日)。一瞬で人生を失うことになった人々に想いを馳せ、未来に平和を繋いでくれるユース世代と共に、ピースユニフォームが平和を希求する。

Team Hiroshima 2019 Hummel Peace Match GK

広島 長崎 ユース選抜 2019 Hummel 平和祈念ユニフォーム

広島選抜のGKユニフォームはグリーンに。背面にはFP用と同じように、平和記念像をプリントする。