今年のU-20ワールドカップで、自慢の個人技を武器に奮闘した横浜FCのMF斉藤光毅。

将来を嘱望される17歳が、7月31日に行われた明治安田生命J2リーグ第25節のレノファ山口戦で見事なゴールを決めたぞ(動画5:01~)。

斉藤は3-1と横浜FCリードの81分からレアンドロ・ドミンゲスとの交代で出場すると、その直後に味方とのワンツーでバイタルエリアに侵入。

相手選手4人に囲まれる状況となった斉藤だが、その密集をなんと一瞬で突破!最後はGKまでも交わし、決定的な追加点を奪ってみせた。

偶然のようにも見えるが、左足でトラップしながらターンしつつさりげなく触った右足でのタッチが実に嫌らしい。スピードと技術を兼ね備えた斉藤らしい圧巻のゴールである。

斉藤のスーパーゴールは今節のJ2トップゴールにも選出。ほかのもスゴイ!

横浜FCはこの斉藤のゴールとイバのハットトリックにより4-1で山口に快勝。連勝を6へと伸ばし昇格プレーオフ圏内の6位へ浮上した。

なお、先日ジュビロ磐田から加入した中村俊輔も、この試合で途中出場ながら横浜FCデビューを飾っている。