レアル・マドリーのプレシーズンツアーに帯同している久保建英。バイエルン・ミュンヘンとのICC初戦、後半から投入されて新天地デビューを果たした。

久保は2シャドーの左、もしくはセンターハーフの左というようなポジションでプレー。右サイドではなかったためにややプレーが制限されるところもあったが、各所で好プレーを披露した。

『Marca』や『AS』によれば、ジダン監督は久保について聞かれるとこう述べていたという。

ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー監督)

「我々にとって最初の試合だった。敗戦にはハッピーになれないが、このゲームでは概して、我々はよかった。

我々にとって普通のことだ。リズムをとらなければいけないし、全員のパフォーマンスを満足しなければいけない」

「彼にとって最初の試合だ。

敗戦は嬉しくない。我々が勝ちたかったのは確かだ。

だが、目標は最初の公式戦だ」

個人のパフォーマンスについては言及しなかったようだ。

24日のアーセナル戦ではどんな使われ方のするのか注目だ。