プレシーズンツアーのためについに来日するバルセロナ。日本ではチェルシー、そしてヴィッセル神戸と戦う。

そうした中、『AS』が気になる情報を伝えていた。それによれば、アジアツアー終了後、バルサ選手たちは高級車アウディを返却しなければいけないという。

10年以上に渡りバルサのスポンサーだったアウディだが、6月30日で契約が終了。そのため、アウディから貸与されていた車両を返却しなければいけないと、選手にはすでに通知がされているとのこと。

選手たちには返却までに3週間の猶予が与えられているものの、アジアツアー終了後にその期限を迎えるそう。ただ、有利な条件で車を買い取ることもできるとか。

エルネスト・バルベルデ監督はスタッフ陣でただひとりアウディを使っており、今回の契約終了の影響を受けるようだ。

とはいえ、高給を得ているトップ選手たちならアウディ以外の車種も所有していそうだが…。