Jリーグで決まったとんでもないゴールが海外でも話題になっている。

J1第18節、鹿島アントラーズ対ジュビロ磐田戦でDF小池裕太が放った信じられないシュートがこれ!

ありえない!

タッチライン際から放った超ロングシュートはまさかの角度からゴールイン!

相手GKカミンスキーのポジションを見て狙い打ったのだろうが、これはすごすぎる…。

小池裕太はシント=トロイデンからローン中の22歳。先月末のサンフレッチェ広島戦でも物凄いシュートを放っている。

この時は町田浩樹の得点とされたが、今回は正真正銘のゴール。しかもこれがプロ初得点!

かつてレアル・マドリー時代のロベルト・カルロスがテネリフェ戦で「角度ゼロ」のスーパーゴールを決めたが、それを彷彿とさせるような一撃だった(ロベカルのはゴールライン際からのシュート)。

『corrieredellosport』や『tuttosport』などのイタリアメディアも「日本のクレイジーゴール!」などと伝えていたぞ。

【関連記事】「悪魔的な左足」を持った10人のレフティーモンスター

鹿島は磐田戦に2-0で勝利。クラブ公式によれば、「得点以外のところで迷惑をかけてばかりだったので、得点は嬉しいが、もっと気を引き締めていかなければいけない。攻撃の部分で、自分の特長を出すことができていないので、もっと自分の特長を次節以降に出していきたい」と小池は述べていたそう。