アフリカ最強国を決めるアフリカ・ネーションズカップがエジプトで行われている。

リヴァプールFWサディオ・マネ擁するセネガル代表は2勝1敗でグループステージを突破した。

第3節ケニア戦には0-3で勝利。マネは前半に痛恨のPK失敗があったが、後半にPKを含めて2得点を決めた。

前半29分のPK失敗シーンがこれ(動画50秒から~)。

左隅を狙ったものの、相手GKが完全に阻止!

後半26分に蹴った2本目のPKもコースを完全に読まれていたが、隅を射抜いてゴールとなった(上記動画2分40秒~)。

セネガルメディアによれば、アリュー・シセ監督は試合後にこう述べていたそう。

アリュー・シセ(セネガル代表監督)

「サディオは責任を果たしたがっていた。

だが、私は2本目のPKを彼には蹴らせないことを決めていた。

とはいえ、彼は責任をとりたかったというのが事実だと思う。それは好きだね。

男は責任を果たさなければならないし、チームメイトも2本目を蹴ることに同意した。

彼はうちのチームのNo.1ペナルティキッカーさ」

2本目については本来はマネに蹴らせないことにしていたというが、最終的にはそれを追認していたようだ。そして、責任を果たそうとする姿勢については評価するとも。

【関連記事】そろそろリヴァプールを出たほうがいい5名の選手たち

セネガルは5日に決勝トーナメント1回戦でウガンダと戦う。