南米最強国を決めるコパ・アメリカに参戦した日本代表。王者チリとの初戦には4-0で敗れてしまった。

そのなかでも、18歳久保建英は確かな存在感を披露。ゴールに迫るシーンがあったほか、こんな魅惑のプレーを南米のピッチで見せつけた!

巧みな股抜きで突破!相手が足を出してきた瞬間にボールを押し出し、一瞬で置き去りに。

【関連記事】レアル・マドリーが編集した、久保建英の「神プレー動画」がこれ

このプレーはブラジルでも取り上げられていたほか、スペイン紙『Marca』や『AS』では記事化していたほど。そこでは「マドリー選手になって最初のテクニック披露。スペクタキュラ―だ」などと絶賛されていたぞ。