久保建英のレアル・マドリー移籍が決まった。

ここでは彼がかつていたバルセロナのカンテラ出身者でトップチーム出場がないまま去った選手たちを調べてみた。

マウロ・イカルディ(現インテル)

マウロ・イカルディ

アルゼンチン生まれながら9歳でスペインに移住したイカルディ。バルサのカンテラでも得点センスを見せつけており、バルサ公式が動画にまとめているほど。

その後、17歳でサンプドリアのプリマヴェーラに移籍。イタリアで欧州最高クラスのストライカーへと成長した。

本人は「バルサを去ったことは後悔していない。成長したい若手選手は判断を下さなければいけないからね」と述べている。