昨年1月にリヴァプールからバルセロナに加入したフィリペ・コウチーニョ。

それから1年半が経過したが、移籍金が1億500万ユーロ(およそ128.6億円)と非常に高額だったこともあり、それほど目立った活躍がないと批判を受けることもある。

しかし、移籍金のことを除けば決して低調なわけではないぞ!ということを証明するビデオがリーガ公式から投稿されたぞ。

絶妙なヒールシュートやこぼれ球への詰め、そして正確なシュートの数々。改めて彼の実力を感じさせる。

【関連記事】 今夏起こり得る、6つの「超・大型移籍」

今月開幕するコパ・アメリカでは、エースのネイマールが怪我のために離脱してしまったブラジル代表。しかしそれでもタレントは豊富であるし、このフィリペ・コウチーニョが活躍を見せてくれるはずだ。