KONAMIは6月12日、家庭用ゲーム『eFootball ウイニングイレブン2020』の発売が決定したことを発表した。

eFootball ウイニングイレブン2020

サッカーゲームの人気タイトルとしてお馴染みの「ウイニングイレブン」シリーズ。サッカーファンなら家庭用やモバイルゲームで一度はプレイしたことがあるだろう。

また昨今は話題のeスポーツにおいて、2018年の「第18回アジア競技大会ジャカルタ・パレンバン」でデモンストレーション競技に採用。さらに第74回国民体育大会の文化プログラム「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」でも競技タイトルとして使用されており、日本を代表するeスポーツタイトルとしての地位を確立しつつある。

eFootball ウイニングイレブン2020

そのことを表すように、新作の『ウイイレ2020』ではeスポーツ×サッカーを意味する“eFootball”(イーフットボール)が新たにタイトルに加えられている。

気になるゲーム面では今回、圧巻のテクニックでサッカー界を席巻し続けるアンドレス・イニエスタ選手がアドバイザーに就任。

eFootball ウイニングイレブン2020

「すべてのサッカーファンに贈る、生まれ変わった『ウイニングイレブン2020』」として、4つの大きな新要素が挙げられている。

  • 新しい駆け引きが生まれる。イニエスタも心酔した、局面で使えるテクニックを実現
  • フォトリアリズムのさらなる追求。突き詰めた映像美
  • 生まれ変わった「Master League」で自分だけの物語を
  • 新モード「Matchday」は世界のサッカーをeスポーツで体感する

今回の新作発表に合わせて、KONAMIとFCバルセロナがグローバルパートナー契約を延長したことも明らかに。

eFootball ウイニングイレブン2020

2016年に始まった両者の関係は、より強固なものとなっていきそうだ。